閉じる

開墾士たち

明治5年、庄内藩のサムライ達は刀を鍬に持ち替えて、とてつもなく大きな挑戦をしました。

多層民家

暮らしの中に広がった養蚕業

撮影: 酒井忠明氏

サムライゆかりのシルク
日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ

繭のイメージ

 

ストーリー

山形県鶴岡市を中心とする庄内地域は、旧庄内藩士が刀を鍬に替えて開拓した、松ヶ岡開墾場の日本最大の蚕室群をきっかけに国内最北限の絹産地として発達し、今も養蚕から絹織物まで一貫工程が残る国内唯一の地です。

鶴岡市では、松ヶ岡以外にも六十里越古道沿いの田麦俣集落に、四層構造で暮らし・養蚕などが一つの建物にまとまった多層民家が現存しています。さらに、国内ではここだけの精練工程が明治時代創業の工場で行われるなど、絹産業の歴史、文化が保存継承とともに、新たな絹の文化価値の創出にも取組んでいます。

鶴岡を訪れると、先人たちの努力の結晶である我が国近代化の原風景を街並み全体を通じて体感することができます。

歴史を辿る鶴岡まちあるき

お問い合わせ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号(任意)
本文